読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふむふむ亭

日々の生活の中で『ふむふむ』と思ったことをつづっています。いまのところ子育てネタ中心。

やはり鰻は『ひつまぶし』がいいね

めし

さて、お昼は絶品の無添加ハムをいただいたわけですけど、夜は夜で良いもんをいただいてしまいました。

なんと鰻でござる。


迷うとこだけど、ここは“ひつまぶし”で

あたしの稼ぎでは、鰻なんてそう滅多にいただけるもんじゃございませんよ。

あ、ちなみに今回はご馳走になったんですわ。


そんなわけで、何をいただくかは迷いに迷うところです。

鰻重もいいし、白焼きも捨てがたい…。

ですが、ここは(ご馳走になるので)豪勢に“ひつまぶし”とさせていただきました。

f:id:ape87:20150531184852j:image


お米にもこだわりが

今回伺ったのは下呂温泉にある『うな昇』さんというお店ですが、こちらはお米の方もこだわっているようで、龍のみかづきってお米(龍の瞳の姉妹品?)を使っているとのこと。

通常のお米より粒が一回り大きい感じです。


伝統の作法に則って

さて、ひつまぶしは昔っからいただき方が決まっております。

一杯目はそのまま。二杯目は薬味を足して。そして、三杯目は出汁を入れてお茶漬けに。

これで、3パターンの味が楽しめるわけです。


鰻の味がしっかりしていて、表面が香ばしくやかれていたんで、どれも満足度の高い味わいでした。


いただけるもんはいただけるうちに

実はあたしは鰻、好きなことは好きですが、『鰻には目が無い』ってほどでもありません。

もちろん食べるときは美味しくいただきますけど、無きゃ無いで別にいいかって感じ。実際、前に食べたのは1年以上前ですから。


ですけど、最近は鰻の漁獲量が減ってきて、いつ食べられなくなるか分かったもんじゃ無いわけですよ。

そうなると、レバ刺しの駆け込み需要じゃありませんけど、今のうちにいただいとくってもんでしょ。


さらに、今回は娘(2)にとっての鰻デビュー。今後食べられ無い日が来たとしても、一応食べたって事実は残ることになりました。

できれば、もう少し大きくなってから一緒に食べに行きたいですけどね。


今日の『ふむふむ』

  • やはり“ひつまぶし”は豪勢
  • 今のうちに食っとくべし
そんな感じ。

広告を非表示にする